« ルーアン・ノートルダム大聖堂 | トップページ | サント・ジュヌビエーヴ聖堂(パンテオン) »

2008年6月15日 (日)

エッフェル塔

Eiffel11

実は私はエッフェル塔が大好き。

Eiffel9

明るい時に見るならここシャイヨー宮の高台から見るのが好き。観光バスも大抵ここで停まって記念撮影をするとてもメジャーな場所(ありきたりでごめんなさい。パリ通じゃないので)。パリの街の中にすっくと立ち上がり、エッフェル塔の高さとフォルムの美しさが最も際立って見える場所がここなのだ。

Eiffel8

ドゥーヴィー歩道橋から見たエッフェル塔。この角度からだと1Fと2Fの隙間が見えなくなってしまうが、空気を含んでふわっと広がるようなライトなエッフェル塔が見える。

Eiffel2

夜ビル・アケム橋から見たところ。

Eiffel1_2

だけど1番好きなのは、足元から見上げる夜のエッフェル塔。

ちょっと思いついて夜にエッフェル塔へ行ってみたら、これが予期しないほどに綺麗だった。夜の闇の中にライトアップされた鉄骨の繊細でありながら力強いラインにただ圧倒されて、そのときから私はエッフェル塔が好きになった。それが鉄と風によって編まれた「アインアンレース」と表現されるものであることを知ったのは、随分後のことだった。

Eiffel3_2

橋脚を思わせる優美な曲線。エッフェル塔の設計者エッフェルは建築家ではなく技術者で、「鉄の魔術師」と呼ばれていた。特に橋の建造には定評があったらしい。ポルトガルのポルト、ドゥロ川にかかるマリア・ピア橋はとても有名だが、エッフェル塔の脚部によく似ている。

Eiffel4_2

塔の下から2Fを見上げる。

Eiffel5_2

ところで、エッフェル塔が何で出来ているか正確にご存知だろうか。エッフェル塔は勿論鉄で出来ている。ただ、鉄といっても今私達がすぐに想像する鉄鋼ではなく、錬鉄でできているのである。エッフェル塔は1889年パリ万博のモニュメントとして造られたものだが、このときのコンペは石と鉄の戦いと言われている。対抗案は前回の万博でトロカデロ宮殿を設計したブールデのもので、太陽の塔というどこぞの万博で爆発していた塔と同じ名前の366mもの石造の塔だった。その塔の頂上に特殊な反射鏡を設置してそこから夜のパリを真昼のように照らすというとても可能とは思えない荒唐無稽なプラン。とは言え、エッフェル案が勝利したのはその机上の空論的なことが理由だったのではなく、1889年万博に建立される塔はその時代性を反映して「金属産業の独創的傑作」でなければならないとされたためであった。

建築をよく知らない私のようなモノは、ここで単純に鉄の石に対する勝利(近代の幕開け?)と考えてしまうのだが、いや実際そうではあるのだが、実はこの鉄という素材は19世紀の100年間同じものではなかったらしいのである。19世紀半ばまでは錬鉄・鋳鉄を使うことが普通で、後半以降は圧延鋼が使われ始めていたのだ。この鋼の登場が建築デザイン的に大きな転換期となった。錬鉄・鋳鉄は、建てようとする個別の物件ごとに新たな部品を作って鋳造しそれを組み立てて建築を造っていく、一方鋼は標準化されたユニットを鋲接して使用する。この違いは建築の美観に大きく変容をもたらす。錬鉄・鋳鉄はこの範囲においては石と同じ表現なのであり、建築様式的観点から考えると、石と鉄の間に分岐点があるのではなく、錬鉄・鋳鉄と鉄鋼の間に分岐点があるのである。

近代のシンボルであり金属産業の傑作として誕生したエッフェル塔ではあるが、厳密に言うとまだ石の建築から完全に離脱し切れていない建築でもあったのだ。ただ、現代の私達の目から見れば、その端境期の微妙な揺らぎが19世紀という時代のムードをよく表わしているようにも思えるのである。

Eiffel6_3

ちなみに、その頃のエッフェル自身は既に鋼を使用した橋の建造の経験もあり、エッフェル塔に使用する材料を錬鉄にするか鋼にするか最後まで悩んだようである。最終的に錬鉄を選んだのは、エッフェル塔の建設についての最大の問題が「風圧に耐える」ということだったからだ。鋼は成型の容易さ、軽さ、圧縮・引っ張りに強いというメリットがあるが、この鉄のみでできた塔は鉄骨以外に何の壁面も持たない以上それだけで十分に軽いのであり、 圧縮・引っ張りという垂直の力よりも、風のもたらす水平方向の力への耐久力が要求された。その意味では錬鉄の方が腰折れに強いという特性があったため、錬鉄が選ばれたということのようだ。

|

« ルーアン・ノートルダム大聖堂 | トップページ | サント・ジュヌビエーヴ聖堂(パンテオン) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

丁寧な梱包で驚きました!お店の方の直筆のお手紙が入っていて(字も凄く綺麗)お心遣いに感動です!またリピートしたいです。
商品も良く・自分の心も気持ち良くさせて頂きました。良い買い物させて頂きました。
ありがとうございます!
スーパーコピー 大丈夫 lyrics https://www.b2kopi.com/product/detail.aspx-id=6514.htm

投稿: スーパーコピー 大丈夫 lyrics | 2020年12月25日 (金) 05時44分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エッフェル塔:

« ルーアン・ノートルダム大聖堂 | トップページ | サント・ジュヌビエーヴ聖堂(パンテオン) »