« プローチダ島ポルト・グランデ | トップページ | ガレリア・プリンチペ・ディ・ナポリ »

2011年2月22日 (火)

ウンベルト1世のガレリア

Gaumberto1

ナポリ、ウンベルト1世のガレリア。1884年コレラ流行後荒廃した街の美化のため、1887年~1890年にかけて造られた。ミラノのヴィットリオ・エマニュエーレ2世のガレリアより約10年ほど遅い。よく似ていると思ったら、V.,エマニュエーレ2世のガレリアを模して造られたのだそうだ。パサージュ・ギャルリーと言えばパリのイメージが強いが、パリのそれらが街の中に自然に溶け込んでいるのに対して、イタリアのガレリアは極めて豪華でシンボリックである。

Gaumberto2

ミラノのガレリアと比べるとガラスと鉄の天井部はこちらの方がこなれた感じがする。

Gaumberto4

ペンデンティブの装飾がとても美しい。

Gaumberto3

床のモザイクは意外にシンプル。

Gaumberto5

海側のエントランス。緩やかにRを描くファサードは広場の噴水とともにバロック的な町並みを作り出す。

Gaumberto6

ファサードのポルティコ

Gaumberto7

ポルティコの格間天井。どこを見ても美しいこのガレリアは、王宮やサン・カルロ劇場、ヌォーボ城が林立する豪華な一画にある。

|

« プローチダ島ポルト・グランデ | トップページ | ガレリア・プリンチペ・ディ・ナポリ »

パサージュ」カテゴリの記事

イタリア」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウンベルト1世のガレリア:

« プローチダ島ポルト・グランデ | トップページ | ガレリア・プリンチペ・ディ・ナポリ »