« 2012年1月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月28日 (金)

マグナ・プラザ

Ma1

アムステルダムにはいくつか見てみたい建築があったが、マグナ・プラザというショッピングモールもその一つだった。ダム広場から王宮と新教会の間を西へ抜けると、正面にその豪華なファサードが見えてくる。交互に赤と白を配したオランダらしい華やかさと、繊細な装飾が印象的な二つの塔.。設計者のペーテルスはネーデルラント・ルネサンス様式を参照したというが、それはフロアを仕切るコーニスや窓の形に表れているものの、建物のシルエットや表層を覆う装飾は見る者の視線を垂直方向へ奪い、最終的にゴシック的印象を強く残す。

Ma4

マグナ・プラザは19世紀の郵便局を改修したものだ。設計はC.H.ペートルス、1899年の作品だ。ほぼ1世紀の間郵便局として使用され、1993年にショッピングモールに転用された。

中へ入ると3階吹き抜けの大空間が待っている。四方を美しいギャラリーと砂岩のアーケードが囲む。王宮の裏にあるためか、しばしば「王宮より豪華」と比較の対象になるが、その内部はむしろロマネスクの修道院のような静かで安定したムードが支配している。外観とのギャップに少なからず驚かされる。

Ma2

二色使いの連続アーチは形の違いはあれどコルドバのメスキータを彷彿とさせるが、この時期のオランダでよく使われた装飾のようだ。円柱は上階に上がるにつれ細く軽くなり、全体に安定感を与えている。柱間のスパンも変わるためアーチの形状も変化を見せる。これらの円柱やアーチは改修時に新しく付加されたものもあり、それらは改修工事期間の短縮を図るため(おそらくは費用の削減も)、鉄骨に予め設計当初の柱と調和するように準備したコンクリートを被せたものを使用している。近距離でよほど注意して見ない限り殆ど気付かない。

Ma5

ガラスのドームは19世紀のオリジナル。

Ma3

このような歴史的な建築物の中にも近代的でスタイリッシュなエレベーターが設置されいる。


Ma6

マグナ・プラザの建築様式についてイギリスの国会議事堂と同じネオゴシックとする記事が散見されるが、建築の第一印象だけに頼った少々乱暴な見方かもしれない。中世キリスト教建築と古典主義建築を折衷するこの時期のオランダの気分は、イギリスのリチャード・ノーマン・ショウが好んだフリークラシックスタイルに通ずるものではないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月21日 (金)

Pythonbrug(アナコンダ橋)

Ana1

アムステルダム中央駅からバスで東へ約15分、先鋭的な建築が立ち並ぶウォーターフロントの再開発地区に出る。お目当てはスポーレンブルグ島とボルネオ島を結ぶ赤い歩行者専用橋。大胆にうねる姿が印象的なその橋は、その形状からPythonbrugと呼ばれている。英語で言えばパイソン ブリッジだが、日本ではアナコンダ橋の名で知られている。どちらもニシキヘビのことなので同じことではあるが、パイソン橋ではいけなかったのだろうか。

Ana3

アナコンダ橋は長さ90m、中央高さ9.5m。コンクリートの基礎に木製デッキ、鋼の上部構造からなる。2001年、ロッテルダムの環境デザイン集団WEST8設計。WEST8はボルネオ島スポーレンブルグ島の再開発を手がけており、この橋はそのプロジェクトの中の一つである。このWEST8の名前の由来がおもしろく、ロッテルダムの風向と風力を表したものなのだそうだ(西風・風力8)。オランダという国が風ともに生きてきたのだということを、ここでもまた実感させられる。

Ana2

この橋はポピュラーメカニクスというサイトの「世界の不思議な橋18」の12位に選ばれている。ほかにはカラトラバやノーマン・フォスター等そうそうたるメンバーの手になる橋が並んでいた。

木製のデッキは階段の蹴上部がスケルトン状になっており、そこから川面が見える。なんだか清々しい気分になる。通行のためというよりも、散歩をするために渡りたくなる。歩道部が鞭をふるったように上下に畝り、周囲の風景の高さを上下に変える。自然に視線に動きが出て、これもなんとなく楽しい。この流線型のシルエットは夜ライトアップされるとカモメが翼を広げて飛んでいる姿に見えるという。見てみたかった。

Ana4_2

橋の上から見た再開発地区。奥にエヘラーとドンヘンヘのホエールが見える。

アナコンダ橋へは・・・

メトロではなくバスを利用。駅前のGVBで無料の交通ガイドがもらえるのでバスの番号はそちらで確認のこと。バスは10分から15分に1本ほどあり、アナコンダ橋は終点で降りる。降りればすぐに橋が見えるので非常に便利。メトロ同様バスも1時間の間は乗り放題なので、橋でゆっくりしても十分に行って帰って来られるくらい(乗車時に切符の刻印を忘れないこと)。途中風車PUBの近くも通るので合わせて計画するのもよいかも・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年9月15日 (土)

アムステルダム中央駅

Ac1

19世紀以降、旧港に変わり町の玄関口となった中央駅。完成は1889年、国立美術館の設計で有名なP.J.H.カイペルスとA.L.ファンゲントにより設計された。二つの方塔を持つ中央部とそこから延びる両翼で構成される駅舎は、ネオルネサンス様式をベースにゴシック的な要素をプラスした折衷様式で赤と白の対比がいっそう華やかな印象を醸し出す。

Ac2_2

二つの方塔の東側には時計、西側には風向計が設置されている。風車が重要な役割を果たす国だからだろうか。

Ac8

新しい駅舎について、設置場所には3つの候補が挙がっていたという。

1.ユトレヒト線のためのアムステル川架橋計画と一貫性を持たせるためライツェ広場付近

2.当時開発の真っ最中だった南部方面に沿った場所

3.北部への路線強化を考慮し、ヘッドエイ

1864年に市議会が招集され一旦はライツェ門背後に決まったが、官庁の技師がヘッドエイへの設置を主張。結局政府の圧力の下ヘッドエイに駅が造られることとなった。アムステルダムの海の玄関ヘッドエイは塞がれ新しい陸の玄関が完成した。水上交通から陸上交通への大きな変換を告げるできごとだった。

Ac7

内部はかなり造り替えられており、風格のある古い駅舎部分は殆ど見られない。工事中のところが多かったので、復元中なのかもしれない。

Ac5

このアムステルダム中央駅は東京駅のモデルとなったとの説があるが、実際に見てみるとあまり似ていない。前者はとてもゴシック的で後者は古典的なイメージが強い。また、東京駅の設計者である辰野金吾はジョサイア・コンドルの弟子なのに何故オランダ建築をモデルに?とそこも不思議だ。ウィキペディアによると最近では藤森照信等による否定説も出ているとのことだった。

一方、どちらも同じ赤レンガの折衷様式(折衷主義の中での様式は異なる)であり、当時オランダへの視察団も出ている。そしてヨーロッパの大都市の駅は頭端式駅が多いがアムステルダムは当時には珍しい通過式の駅である。モデルは言い過ぎかもしないが参考にはしやすかっただろうという気はするのである。

Amst

ホームにはタイル張りの門があり、駅に因んだ絵柄が描かれている。さすがはタイルの国といったところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年10月 »