« アムステルダム国立美術館1 | トップページ | アメリカンホテル カフェアメリカン »

2012年10月 8日 (月)

アムステルダム国立美術館2

Mu1

アムステルダム国立美術館改修工事の揉めごとについては前回書いたが、この建物は建設当初にも物議を醸していたらしい(新しい建築にはよくある話だ)。当時の論争は設計者のJ.P.H.カイペルスとプロテスタントとの間で繰り広げられた。カイペルスの案はネオ・ルネサンス様式にゴシック的要素が追加された折衷様式。これがプロテスタントから、国立の美術館としてはあまりにゴシック的でカトリック的と非難された。そのためカイペルスはギャラリーの尖塔アーチを半円アーチに変えることを余儀なくされるが、そうした変更を加えたにも関わらずこの建物はゴシック的で、しばしば「ゴシックの大聖堂」のようだと言われた。オランダ国王ヴィレム3世は「あの修道院もどきには、断じてこの足を踏み入れまい、一足たりとも!」と言い、それに対してオランダ近代建築の父と呼ばれるベルラーヘが「星空に吼える犬ころ」とカイペルスを援護したと言われている。

なんだかわかるようなわからないような話である。カトリック的では駄目なのか?ゴシック的では駄目なのか?

15世紀後半から16世紀までオランダ(低地地帯)はスペイン(ハプスブルグ家)の支配下にあったが、16世紀中頃に低地地帯の領主がスペインに対して反乱を起こし、さらに10年後カトリックの国であるスペインに対してプロテスタントを国教と定め抵抗を強めた。オランダが独立した後もその政策は続き、19世紀初めまでカトリックは半ば非合法な存在とされ続けた。オランダにとってカトリックはいわば侵略者の象徴のようなものだったのである。

Mu2

19世紀オランダにおけるカトリックの立場はなんとなくわかったが、今度はゴシック様式がカトリック的でルネサンス様式がプロテスタント的とする考え方がよくわからない。ゴシック建築が華やかかりし頃はまだプロテスタントは生まれていなかったので、ゴシックがカトリックの建築とされるのはわからなくもない。しかしルネサンスはどうか。ルネサンスの本場イタリアはカトリックの国ではないか。カトリックの総本山バチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂ももともとはルネサンス様式だったのである。

どうもこのあたりもオランダ独自の事情によるらしかった。スペイン支配下のアムステルダムの建築は北方ゴシック様式が主流であった。1578年プロテスタントが国教となり、教会堂にも新しい様式と形態が必要になった。そこで採用されたのが、ルネサンス様式の集中式プラン(カトリックの教会堂は典礼の関係で長軸線を持つバシリカ式プランのものが多い)。それからオランダではルネサンス様式はプロテスタントの表現とされたようである。

因みにカイペルス自身はカトリック教徒であり、1815年カトリックのミサが解禁となった後はカトリックの教会堂を専門に修復する建築家となった。

アムステルダム観光のメインとなるものは北の中央駅から南の国立美術館あたりにほぼ集約されている。いずれもカイペルスの建築である。この美術館をはじめ彼の建築は美しいだけではなく多くのことを私たちに教えてくれる。アムステルダム観光はカイペルスに始まりカイペルスに終わるといっても過言ではないかもしれない。

|

« アムステルダム国立美術館1 | トップページ | アメリカンホテル カフェアメリカン »

美術館」カテゴリの記事

オランダ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アムステルダム国立美術館2:

« アムステルダム国立美術館1 | トップページ | アメリカンホテル カフェアメリカン »