« 2012年10月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月25日 (金)

アムステルダム

Ams2

アムステルダムほど航空写真がおもしろい都市は少ないのではないだろうか。中央駅を中心に5本の運河が扇状に広がる様子は、さながら幾重にも堀を巡らせた巨大な要塞のようだ。街の輪郭がはっきりと見える。そういう街は魅力的だ。オランダには「世界は神が創りたもうたが、オランダはオランダ人が創った」という言葉がある。確かにこれほど巨大に、それでいて精緻に人の手が行き届いた都市は他にないかもしれない。

Ams1

アムステルダムの歴史は13世紀に遡る。もとは小さな漁村であったところを、アムステル川をダムで堰き止め町を築いた。それがそのまま町の名前の由来となっている。それ以来、海面より低い土地を北海から守るため、砂丘や堤防、ダム、基礎杭、水門といった施設をつくり(利用し)、湿地帯や湖を干拓するために風車や蒸気機関といった技術的な研究が推進された。アムステルダムの歴史は海との戦いの歴史だったのである。今もアムステルダムでは人口の60パーセントがN.A.P.(通常アムステルダム水準)より低い土地に住んでいる。N.A.P.とはポルダー(干拓地)の標高を図るための水準である。そのような水準があること自体が既に驚きである。

Ams6

16世紀の人文主義者エラスムスはおもしろい言葉を残している。

「アムステルダム市民は鳥のように樹木の頂上で暮らしている」

アムステルダムはヴェネツィアと同じように脆弱な地盤に建設するため、無数の基礎杭が打たれている。オランダらしい切妻の3~4階建ての家並は16世紀頃から建てられはじめたが、立派な煉瓦造に見えるのは外観だけで内部は木造というものが多かったらしい。本格的な石造建築になると重量も余計にかかるので、それだけ杭の本数も増えることになる。有名なものでは、
  中央駅       8687本
  マグナプラザ   4650本
 
  王宮        13659本
  コンセルトヘボウ 2186本(のちに400本の金属チューブに移転)
王宮より立派とよく言われるマグナプラザであるが、こうやって比較すると王宮の方が断然立派であることが証明されるのである。

Ams4_4

アムステルダムの街並みのもう一つの特徴は、大きく発展したルネサンス風破風を持つ細長い中層建築だろう。間口の幅で税金を決められたために縦に細長く造られたと言われている。もともとは中世フランスと同じく窓の数で課税されていたらしいが、16世紀になって間口税が導入されたのだそうだ。この窓税や間口税は外観で判断できるためプライバシーを侵害されないというメリットがある。実はなかなか合理的な方法だったようだ。

Ams9
間口の狭い家では大型荷物を滑車で釣り上げ直接窓から入れることになる。そのため大抵の家の破風に棒状の滑車軸がつけられている。こうした特徴はベルギーやドイツ、チェコでも見られるので、アムステルダムの特徴というよりも北ヨーロッパによく見られるものと言った方がいいかもしれない。
Ams8

中央駅前のダムラックは、もともとはアムステルダムの中心的な港だった。今は駅に塞がれてしまい、運河クルーズの発着所の一つとなっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月18日 (金)

シント・ニコラース教会と薔薇の名前

Niko1

最初に断わっておくが、アムステルダムのシント・ニコラース教会とウンベルト・エーコの小説「薔薇の名前」はもちろん何の関係もない。まずは普通にこの教会の話から・・・。

アムステルダム中央駅東南、ヘンドリック河岸に面してたつシント・ニコラース教会。船乗りの守護聖人聖ニコラースはアムステルダムの守護聖人である。12月5日の「聖ニコラースの日」はオランダではクリスマスに並ぶ大事なお祭りの日なのだそうだ。

1887年A.C.ブライスの手により完成されたシント・ニコラース教会は、カトリックの教会であるにも関わらずネオバロックとネオ・ルネサンスの折衷様式でつくられている。。1815年にカトリックの礼拝が認められて以来、カイペルスの建築に代表されるように19世紀オランダのカトリック教会はゴシックが最も適した様式とされていた。このシント・ニコラース教会はかなり珍しい例と言える。バロック様式の双塔やドームは堂々としており、この建物に落ち着いた威厳を与えている。その一方、大きすぎるバラ窓は中世キリスト教建築のようでもあり、ラテン十字のプランも古典様式にしてはほっそりしすぎているようにも見える。これが北方の古典なのだろうか。イタリアの古典建築とは少々趣が異なる。

Niko3

シント・ニコラース教会の内部はカトリックだからか、アムステルダムの教会の中ではかなり豪華で見ごたえのあるものとなっている。写真NGなのが残念だ。

内部は三廊式のラテン十字プラン。トランセプトの張り出しはごく僅かである。トンネルヴォールトの格天井が落ち着いた色合いで美しい。水平に走るリブはぶつ切りにされたエンタブラチュアに落ち、下のピラスターへと繋がって行く。ルネサンス建築には珍しく装飾と構造の一体感が生まれている。

この教会で最も目を引くのは、交差部にかかるドームである。金の装飾が施された華やかなペンデンティブから目暗アーチが二重に張り巡らされ、その暗い帯の上で青いステンドグラスが煌めいている。それは、思いがけなく見つけた空のようでもあり、シュジェの求めた神の光のようでもある。外から見たところ石造のドームにしか見えなかったのだから、その驚きは猶更である。一体どうなっているのだろうと外観を再度確認してみると、内部と外部ではドームの高さが異なることに気が付いた。つまり二重殻ドームだということである。

外殻のドームはドラムが異常に長い。この長いドラムの中に内殻ドームが隠されており、ドラム上部のクリアストーリーとドームのドーマー窓からふんだんに光が注ぎ込まれるようになっている。これがキラキラ輝くステンドグラスの理由である。二重殻ドームというと一般的にはドームの高さやスパンに対する強度をあげるための解決策として使用される例が多い。サンタ・マリア・デル・フィオーレ(フィレンツェ大聖堂)はその最初の例だろうし、時が過ぎるとロンドンのセント・ポール大聖堂やパリのパンテオンのように三重殻のものも出てくる。しかし、このようなトリッキーな効果を出しているドームは少ないのではないだろうか。

この輝くドームの仕組みがオリジナルからあったのかどうかはよくわからない。1999年に復元がなされているので、その時点で施されたものかもしれない。身廊の柱の装飾もモダンな(建築的でなく一般的な意味の)印象を受けるので、完全に忠実な復元というわけではなかったのだろうと思うが…。

■内部の写真は下記URLで

http://www.nicolaas-parochie.nl/index.php?menu=2&page=9

---------------------------------------------------

ところで、この教会は先にも書いたようにカトリックのものなので聖母マリア像が置かれているのだが、このマリア様、手には可憐な薔薇のつぼみを持っていらっしゃる。

マリア様と言えば純潔の象徴ユリが定番と思っていたので調べてみると、薔薇もマリア様の象徴だということだった。なんでもアヴェ・マリアの祈りに使う「ロザリオ」はラテン語の「ロサーリウム(薔薇の園)」から来ているのだそうだ。ウンベルト・エーコの小説「薔薇の名前」のタイトルは、聖母マリア様を暗示していたのだと納得。

映画では登場人物の女性のことと明かされているが、小説では薔薇に対する言及は二度ほどしかなく、何故このようなタイトルがついているかよくわからないと思った日本人は私だけではないはず。西欧文化の中にいれば理解していて当然のことなので本文で触れられていなかったのだ。確かに聖と俗の二面性を兼ね備えた聖母マリアは小説のテーマにしっくりくる。元来無実のはずの登場人物の女性が魔女として裁かれてしまうのも、聖母マリアの息子の運命を暗示しているようでさらに納得。異なる文化の小説を読むのは本当に難しい・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月11日 (金)

アメリカンホテル カフェアメリカン

Ame1

アムステルダム ライツェ広場に面したアメリカンホテル。オランダではあまり見かけることのないとてもアールヌーヴォーらしい佇まいをしている。設計はウィレム・クロムハウト。1902年の作品で国の文化財にも指定されている。中でも1Fにあるカフェ アメリカンはアールヌーヴォーの建物にアールデコの装飾が融合し優美な空間をつくり出している。パリのようなブリュッセルのような、古き良き時代を感じさせる洒落たカフェだ。

Ame2

アールヌーヴォーは国によって呼び名が異なるが、オランダではオランダ語でアールヌーヴォーを意味する「ニューウェ クンスト」が使われている。もとは同じ低地地帯で現在はお隣の国であるベルギーもアールヌーヴォーと呼んでいるので言葉の上では同じ流れにあったようだが、形態的にはあまり影響しあう関係にはなかったように見える。ベルギーはなんといってもアール・ヌーヴォー建築発祥の地であるし、オルタやアンカールなどの豊かな作品が残されている。一方オランダのアー・ルーヴォー事情はわかりにくい。カイペルスからアムステルダム派末期までの1880年頃~1923年とするものもあるし、1895年~1905年頃の10年間のみとする説もある。カイペルスはアールヌーヴォーの建築家というより方向性を示した建築家という意味だろう。終焉期の違いはアルステルダム派をどう見るかという違いなのかと思われるが、メイ他による「船舶協会ビル」は1916年に建てられおり、この内部空間は明らかにアールヌーヴォーなので前者の説なんだろうなぁと私は思っている。正直なところオランダのアールヌーヴォーというとベルラーヘというイメージしかないのだが、この建築家は近代建築の父と呼ばれるだけにモダニズムのような合理的な建築により近いような気がしてならない。もっともベルラーヘの建築も殆ど知らないのではあるが・・・(現にアメリカンホテルのデザインはベルラーヘに似ているらしく、そしてこのホテルはとてもアールヌーヴォー的である)。つくづくオランダという国はミステリアスな国である。私にとっては・・・。

Ame3_4

楕円アーチのような浅いカーブを描くアーチや色石(タイルや煉瓦も)のアクセントはこの時期のオランダ建築でよく見かける。カフェ アメリカンは内部の装飾がアールデコなので、アールヌーヴォ-よりも、そちらのイメージの方が強く感じられる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2013年2月 »