« 2013年1月 | トップページ

2013年2月

2013年2月22日 (金)

気になる窓(チェスキー・クルムロフ)

Ckwin1

「眠るれる森の美女」という別名を持つチェスキー・クルムロフ。まるでお伽噺に出てくるような町並みをしているが、窓も可愛らしいものが多かった。

Ckwin2
上二枚の写真の家はかなり離れた場所にあったが、装飾のデザインがが同じだった。トップに扇か帆立貝のようなマークがあり、その下に二つの渦巻き模様。ルネサンス風の破風を象ったようでもあるが、何か意味があるのだろうか。

Ckwin3

壁の装飾は騙し絵なのに、窓枠は立体的に作られている。


Ckwin4

このような凝ったアイアンワークの窓もある。

Ckwin5

チェスキー・クルムロフの街並みが再現されている。建物の形態のバリエーションはなかなかリアルだ。

Ckwin6
レストランの窓にはフォークやナイフが放射状に飾られている。

冬はチェスキー・クルムロフ城の見学はできないが、町の散策だけでも十分楽しい。訪れる観光客も多く賑やかだった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月16日 (土)

チェスキー・クルムロフ

Chs1

チェスキー・クルムロフに着いたのは夜だった。翌朝から町の散策に出かけ、チェスキー・クルムロフ城のある小高い丘から川向こうにある町を眺めた。朝のぼんやりした光の中を、家々の煙突から幾筋もの煙が立ち上っていた。冷たい冬の空気の中で町全体が呼吸をしているように見えた。
旅行をしていて冬に来て良かったなぁと思うことは少ない。というより、寒いし、風は強いし、空はどんよりしていることが多いし、ヨーロッパの冬は最も観光に適さない季節である。それでもごく稀に、冬もいいなと思う瞬間がある。キーンと切れるような冷えきった空気の中で凍えそうになりながら見るのがよいという景色もたまにはあるのだ。

Chs2

チェスキーは「ボヘミアの」、クルムロフは「湾曲した牧草地」という意味で、ドイツ語の「Krumme Aue」に由来するのだそうだ。

Chs6

チェスキー・クルムロフはその名の通り蛇行するヴルタヴァ川のS字部に開かれた町で、豊かな緑に囲まれた赤い屋根の美しい街並みは「ボヘミアのシエナ」とも言われている。

Chs4

チェスキー・クルムロフは14~16世紀の間ボヘミアの有力貴族であるローゼンバーグ家の下に手工業と交易により繁栄した。ルネサンス様式の華やかな町並みは最も繁栄を極めたこの16世紀に造られたものだ。

Chs7

建物の壁に石積みを描くような騙し絵はチェスキー・クルムロフでもよく見かける。これも16世頃ボヘミア全土に広がったもの。

Chs3

しかし町の繁栄とは裏腹にローゼンベルグ家の財政は破綻を来たしており、チェスキー・クルムロフは借金の抵当にされ、1601年には神聖ローマ皇帝ルドルフ二世の手に渡ってしまう。その後町の支配者は転々とし、1622年にエッゲンベルグ家、1719年シュヴァルツェンベルク家へと変わって行くが、シュヴァルツェンベルク家も19世紀にはチェスケー・ブディェヨヴィツェ北4kmのフルボカー城へと居城を移した。主要な鉄道網からも外れ近代化の波に乗れなかったため町は徐々に寂れて行き、第一次世界大戦前にはチェスキークルムロフ縁の画家であるエゴン・シーレが町がなくなってしまうと危惧するほどだったという。

Chs5

しかしながら近代化の波に取り残されたことにより、チェスキー・クルムロフには繁栄した当時のルネサンスの町並みがそのまま保存されることとなった。1989年ビロード革命以降歴史的景観の価値が見直され旧市街の修復が進められた。現在ではユネスコ世界遺産にも登録される美しい町並みが蘇り、世界で最も美しい町の一つと言われている。幸いにもシーレのそれは杞憂に終わったようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 8日 (金)

キャンドルライトクルーズに参加してみた(アムステルダム)

Cru1

アムステルダムに来たならばやはり運河クルーズは外せない。他の町でもそうだけれど、アムステルダムにも色々な種類のクルーズがあり、何に乗るべきか結構迷う。

 スタンダードな運河めぐり
 ブランチツアー
 ディナーツアー
 キャンドルライトクルーズ
 リド・ディナー・ショー
 ミュージアム・ボート

他にも観光とセットになったものなど様々だ。ケーキとコーヒーが出るカフェ・クルーズもあったような気がする。

当初主要な美術館を回ってくれる乗り降り自由のミュージアム・ボート(1日券か半日券を購入、美術館入場料の割引きもあったような)を予定していたのだが、ふと目に留まったのがキャンドルライトクルーズ。 

 21時から約2時間
 2カクテル&スナック 又は ワイン&チーズ

チケット売り場で1番人気と書いてあったので、私たちはカクテルクルーズに参加。一応ワインとは異なるツアー扱いだったが、結局は同じボートに乗る。

Cru2

コースはよくわからなかったが、最初に中央駅周辺を周り、アムステル川と街中の運河を廻る。関空でお馴染みのレンゾ・ピアノによる海洋博物館もキレイに見えた。

クルーズ中少し驚いたのは、オランダの人は(アムステルダムだけかもしれないけど)どうもカーテンをしないらしい。夜だから、運河周辺の家もボートハウスの中も見る気がなくとも見えてしまう。見られることが前提とされているのか、どの家もセンスよく整えられている。帰ってから調べてみると、どうもそういうものらしく、ガイドブックの中には「わざわざ見えるようにされているからには、見ない方が失礼だろう」と書いてあるものもあるし、部屋が見える状態を「家具になった人達」と表現している本もあり、気にしなくていいんだと納得することにした(笑)。アムステルダムの夜はあまり明るくなくパリやロンドンのように華やかでもロマンチックでもないが、これはこれでまた違った楽しさがあるものだ。

因みに、アムステルダムでもヨルダーン地区にはカーテンがあり、趣向を凝らした飾り方がされている。これもあくまで中を隠すためのものではなく、窓を飾るためのもののようである。

【キャンドルライトクルーズ】

中央駅前の運河にあるチケットブースでチケット購入。

予約は必要ないが、当日のある程度の時間にはチケットを購入した方がよいでしょう。乗車時間の確認のためにも。

集合時に並んだ順番で乗車するので、窓際を確保したければある程度早めに行くことをおススメします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 1日 (金)

アムステルダムは北のヴェネツィア?

Ams12

運河の町アムステルダムは時に北のヴェネツィアとも形容される。どちらも無数の基礎杭の上に立つ町で、アムステルダムに「住民は鳥のように枝の上で暮らしている」という言葉があるように、ヴェネツィアにもヴェネツィアをひっくり返すと森になる」という言葉がある。物理的には似ているはずのこの二つの都市は、訪れてみるととても似ていない。何が違うのか。

Ams10

アムステルダムとヴェネツィアでは、運河の体感され方が違う。アムステルダムでは運河を超える度に、今自分が町のどのあたりにいるのか大体の見当がつく。幾何学的に運河が敷設されているため、町の大雑把な地図を頭に描きやすいのだ。南に運河を○本超えたからもうすぐ目的地に着くよねといった風な目安になる。例えるなら京都の碁盤の目のようなもので、非常に透明性の高い街並みになっている。

一方ヴェネツィアでは適当に通りを歩いているとすぐに袋小路につきあたってしまう。行き止まった原因は大抵運河である。ヴェネツィアでは運河はまるで迷路をつくりだす装置のように感じられる。場所が認識できる運河はカナル・グランデくらいで、あとはもう何が何だかわからない。まさしく迷宮都市である。

Ams13

二つの都市の運河の違いにはそれなりの理由があるようだ。

一つはヴェネツィアの属する文化圏だろう。イスラーム圏やエーゲ海の島々等地中海世界に迷路のような街並みが多いことはよく知られている。イタリアでも早くから海洋国家として知られている街には迷宮性の高いものが多く、ヴェネツィアもその一つである。

また、ヴェネツィアは小島が集まってできているため、道よりも水上での移動の方が重要だった。運河は自然な水の流れに沿って整備され、それに従って島の形が微調整された。そうなると運河は自然と複雑に曲がったり、歪んだりしたものになる。ヴェネツィアが技術的にも経済的にもまだ成熟していなかった中世の早い時期に作られたことも一因になっているだろう。普通に考えて交通網を作るならまっすぐに引こうと思うものだが、この時期のヴェネツィアに都市計画はなかった。

それに比べてアムステルダムは都市計画の申し子のような都市である。

アムステルダムには二つのシンゲルという名の運河があり、通常、中央駅から近い方をSingel(シンゲル)、遠い方をSingelgracht(シンゲル運河)と区別している。シンゲルとはオランダ語で「囲む」という意味で、シンゲルは1480~1585年までの外堀。シンゲル運河は17~19世紀までの外堀となっている。16世紀アムステルダムは、衰退していくアントワープに代わる中継貿易拠点として繁栄し17世紀にそのピークを迎えるが、急増する人口と都市の防衛に対応する必要が生じた。16世紀末に3万だった人口が17世紀半ばには22万、約1世紀の間に7倍以上に膨れ上がったのだからもの凄い。そのため17世紀初め都市計画が立案され、アムステルダムはシンゲル運河まで拡張される。特徴的な扇状に広がる運河はこの時点で完成されたのである。余談ながら運河の敷設工事は北から南へ一本一本造られていったように思いがちだが、実は西から東へと進められたのだそうだ。必要に応じて運河を増設していったのではなく、整然とした都市計画の下に工事が行われていたことが伺い知れる。その結果、アムステルダムはよく手入れされた公園のような景観の都市になった。

Ams11

よくわからないが、ヴェネツィアは見通しがきかず、内奥になにか隠し持っていそうなミステリアスな中世都市で、アムステルダムは人の理性で見事に制御された透明性の高い近世都市、といったところだろうか。あくまで見た目の話であるが、アムステルダムはなんだか「新しい」のである。先鋭的とか最先端とかそういう意味ではなく(ウォーターフロントにはそういう建築も多いが)、日本人観光客が思うヨーロッパの古い街並みよりずっと「新しい」のである。通りに並ぶ建物は伝統的な形をしているにも関わらずこの感覚は拭えない。あまりにも完璧な街造りの結果だろう。それは悪く言うと、綺麗だけれど素っ気ないという意味でもある。公園のような景観は美しいけれど意外性がない。ヨーロッパ好きな日本人観光客がここに来ると、「求めていたイメージと違う」と感じる人も少なくないのではないだろうか。むしろこのような整備の行き届いた景観は日本人より西欧人好みなのかもしれない。オランダはヨーロッパでは人気の高い観光地だと聞く。日本庭園と西欧庭園の違いを考えると、あながち見当はずれでもないような気がしてきた。

それにしても、この都市計画が17世紀のものだったとは・・・。都市計画で有名なパリやローマと比較してもなんと斬新なことだろう。好き嫌いは別にしても、これほど凄いと思った都市は他にないかもしれない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ