中国

2008年11月 9日 (日)

故宮博物院(紫禁城)

Kokyu16

以前から気になっていた「チーム・バチスタの栄光」がドラマ化された。評判は微妙なところのようだが、私は結構気に入っている。というか毎週見るということが待てなくて、結局本を買って読んでしまった・・・。故宮とチーム・バチスタ、何の関係があるかって、勿論何の関係もないのだが、田口と白鳥の出会いのシーンで白鳥のこんな台詞がある。「根幹とか本質ってウソ臭くて、あまり好きじゃないんですよね。枝葉やディテールの方が断然リアルで魅力的だと思いませんか?」そう、まさにそうなのだ。わたしにとっての故宮はまさしくそんな感じなのだ。

72万㎡の広さを誇る故宮、何でも9000室もの部屋があるそうな。正直なところ、中国の建築にも歴史にも興味のない私には、マトリョーシュカのようにしか思えない。前門とそれと対になる御殿、前門、御殿の繰り返し。行けども行けども同じような建物が延々と続いていく。このただただ広い故宮において私は何を見ればいいのだろうか。紫禁城はこういうものだ・・・というような特徴と言うか、目指したもの、みたいなものがあるのではないかと思うのだが、これがキモだ!みたいなものがわからない。いつもそんなことを思って建築を見ているわけでもないので仕方がないのだが、今回は特に枝葉末節ばかりが気に掛かる。

Kokyu1

太和殿の藻井

午門、内金水橋、太和門を通り太和殿まで辿り着く。外朝の正殿である大和殿は皇帝の戴冠式など重要な儀式が行なわれた場所でもある。薄暗い内部に玉座がおかれているが、天命を受けていないものが座ると、天井にぶら下がっている巨大な鏡が落ちるという伝説が伝えられている。一時期中華皇帝を名乗った袁世凱はこの鏡が落ちてくる夢を見たため、玉座の位置を鏡からずらしたという。

この玉座の少し前の天井に、重ねあわされた正方形の枠の中に円を抱いた意味あり気な装飾が施されている。故宮の豪華な格天井の中でも一際美しく、玉座の前に一つだけ穿たれている。後で調べてみると藻井という中国特有の装飾で、宮殿の玉座や寺院の仏像の上に円形や四角形、八角形等の木枠を何層も重ね、中に龍やハスなどの彫刻を施した天井装飾のことらしい。「らしい」というのは、ネットで調べたところ、飾り格天井という簡単な説明のものや吹き抜け状の装飾天井というものなど色々なものがあり、正確にはどういうものを指すのかよくわからない。「飾り格天井」とするならば、豪華に装飾された格天井全てを指す言葉とも取れる。

Kokyu17

太和門の美しい格天井

実際、上の写真のようなものを藻井と紹介しているものもあった。

Kokyu5

交泰殿の藻井

交泰殿は、3大節(元旦、冬至、皇后の誕生日)に皇后が朝賀を受けたところ。ここの玉座の前の天井にも、精緻な幾何学の木枠を重ねた美しい装飾が施されている。これほど完成度の高い装飾の形式に名前がないはずはないだろう。と言う訳で藻井が中国特有の装飾とする説にひとまずは従おうと思う。

Kokyu10

養心殿の藻井

故宮には3つの藻井があり、養心殿のものが最も凝ったデザインになっている。中国の建築は日本の建築と同じようなものだから(日本が中国文化を取り入れたのだけれど)とあまり興味を持っていなかったのだが、実際に見てみると全く別物のような気がしてきた。藻井の存在は、その下の空間にヒエラルキーを感じさせる。その効果は西洋やイスラーム建築におけるドームの存在とよく似ている。ビザンチン建築やイスラーム建築の中で生まれ育ったドームは、そもそも一神教の表現である。ドームは宗教的な象徴であり、儀式のクライマックスを迎える場所としての役割も果たしている。西洋やイスラームのドームがそうであるように、藻井もそれが穿たれていることにより、その空間に特殊性を与える。その下の空間と他の空間とを区別する。とても一神教的な空間の作り方に見える。比較的似たような気候条件を持ち、同じ木という素材を用い、しかも日本は中国から文化を輸入したという経緯もありながらも、日本は建築的精神性は輸入しなかったように思えた。

Kokyu11

ちなみに養心殿は西太后が同治帝や光緒帝の垂簾聴政を行なった場としても知られている。そう言えば、つい先日光緒帝の頭髪から高濃度の砒素が検出され暗殺説が濃厚となったと報じられていた。光緒帝は中国の近代化を図ろうとした革新的な人物で、そのため伯母の西太后との折り合いが悪く西太后に毒殺されたとの説が実しやかに囁かれていたが、毒殺されたことはこれでほぼ確定のようだ。首謀者が西太后かどうかはまだわかっていない。西太后本人も光緒帝の死んだ翌日に病死したことを考えるともう一つの袁世凱暗殺説の方がありえそうな気はするのだが、いつか真相がわかる日は来るのだろうか。

Kokyu6

故宮においてもう一つ気になったのが、この東屋のような建物。

Kokyu18

木製のドーム。まるで西洋建築を見ているようだ。ドームは矩形の平面から円形を導く訳だが、木製であるゆえに西洋建築でよく見るトロンプやペンデンティブとは異なる解決法のようである。ドーム下の持ち送りの組み物がイスラーム建築のムカルナス(鍾乳飾り)をなんとなく思い出させる。

Kokyu15

故宮を見ていると、イスラーム建築が思い出されてならない。建物の何処を見ても隙間なく精緻な模様が描かれる豪華な建築。誰かが「空間恐怖」という言葉を使っていた。「空間恐怖」というのはイスラーム建築が草花文やアラベスク等の模様で建物を隙間なく埋めて行く様子を西洋人の感覚から表わした言葉である。中国の建築にもこの言葉が当てはまるとは想像していなかった。

Kokyu2

細部まで手の込んだ装飾が施されている。

Kokyu9

窓の空かし模様。考えてみれば、中国でよく見るこの手の透かし模様も、イスラーム建築のマシュラヴィーヤに通じるものがあるような・・・。と言っても別に中国建築とイスラーム建築には何か繋がるものがあると思っているわけではない。ただ、これまで中国建築は日本建築と同じようなものだと思い込んできたものだから、感覚的にはむしろ他の地域の建築の方が近いのではないかと、ちょっと思っただけである。

Kokyu14

ラストエンペラー溥儀が子供時代にブランコをぶら下げてもらった後の金具が残っている。

Kokyu4

中国の建築によくある像。この像の数がその建物の格を表わしているとか。

Kokyu3

皇帝の階段のレリーフ。

Kokyu12

九龍壁

中国で3つあるとされている九龍壁の一つ。皇帝の象徴である龍を最大の陽数とされる9頭描いたもので、瑠璃瓦で作られている。故宮の見所の一つに数えられているが、この九龍壁には何の意味があるのだろうか。単なる権力の象徴なのだろうか。

Kokyu13

珍妃井

1900年の義和団の乱の最中、西太后が逃げる前に光緒帝の最愛の側室だった珍妃を投げ込んで殺したと言われている。いくらなんでも、ここにヒトは入れない・・・。

Kokyu8

映画「ラストエンペラー」で溥儀が自転車で通り抜けた長西街。

故宮を書くならば、外朝と内廷、南面思想(風水の関係だそうだ)に基づいた全体のプラン、そして何よりもその広大さについて書くべきなのではないかと思うのだが、あえて今回は枝葉末節の装飾に拘ってみた。枝葉やディテールの方が断然リアルで魅力的だと思ったから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月16日 (木)

北京古観象台

Kokanshodai1

地下鉄建国門駅の隣にたっている北京古観象台は1442年創設で、重要文化財に指定されている。17世紀に崇山の観星台と連携して天体観測がなされていた、かつての天文施設である。天体観測に用いられた当時の器材や中国における天体観測の歴史等の展示を見ることができる。そのレトロで美しい観測器を使って宇宙の神秘を解き明かそうとした人達のことを想像すると、それだけでなんだかワクワクする。どうやって使用するのかわかればもっと楽しかったのに・・・。

Kokanshodai5

これは黄道経維儀、これで天体の黄経をはかった。

Kokanshodai6

この射手座のマークのような観測機は天体の角度を測定する紀限儀。

Kokanshodai4

天体の方位を知るための天体儀。表面にはぷつぷつと小さな突起が作られている。

Kokanshodai2

Kokanshodai3

Kokanshodai7

庭に置かれた地平経儀、これで天体の方位角度をはかったらしい。

Kokanshodai8

四合院の中庭に設置された観測器。何かはわからなかった。

Kokanshodai9

ここでは日時計も展示されている。

Kokanshodai10

漢字で書かれた日時計。ちょっとかこいい。故宮にも同じような日時計が置いてあった。

Kokanshodai11

針のデザインが中国的で美しい日時計

Kokanshodai12

これは年時計とでも言うのだろうか。正午の影の長さを測定し、夏至や冬至をはかったようだ。

ところで、先日ラジオで宇宙用紙飛行機を日本の企業が開発したというニュースを聞いた。詳しい話はよくわからないが、その紙飛行機は大気圏突入時に燃えることなく地上に到達できるらしいのだ。本当にそんなことが可能なのかと不思議なのだが、スペースシャトルと紙飛行機では大気圏に突入するスピードが全く違うため生じる摩擦熱にも差があり、普通に考えて思うほど荒唐無稽な話ではないのだそうだ。地球のどこに落ちてもいいように、紙飛行機には日本語を初め10ヶ国語で連絡先が記されている。既にNASAに9機の紙飛行機が納品されており、写真で見たところデザインも普通の紙飛行機とは違い本格的でカッコイイ(?)デザインで、これなら宇宙でも飛びそうと思ったのは私だけだろうか・・・。この紙飛行機、地上300kmの宇宙ステーションから飛ばされるらしい。本当に地球に到着するのだろうか。せっかく辿り着いても、海や砂漠などに落ちたら拾ってもらえないだろう。などと、勝手に色々な心配をしているのだが、本当に実現したらなんと素敵なことだろうと思うのである。宇宙に、宇宙で、宇宙から-古観象台の観測器の時代から何百年もたった今も、宇宙は夢と神秘に溢れている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月30日 (火)

万里の長城

Banrinochojo4

北京市街から北西へ車で1時間ほど走ると山の嶺を走る巨大な壁が見えてくる。月から見ることができる唯一の地球上の建造物「万里の長城」だ。今回の旅行のメインの目的だったにも関わらず、言うほどの興味もなかった長城なのだが、実際に目にしてみると妙に感動してしまった。いや、感激?感銘?そのときの気持ちについて適当な言葉が見当たらない。ただ、テレビや写真でいくらでも見ることのできるこの時代にあっても、実物を見なければ感じられないものはやはりあるのだ。

Banrinochojo2

公開されている長城はいくつかあるが、長城初心者の私達が向かったのは最もメジャーな観光地「八達嶺」である。上の写真の上へ伸びている壁が女坂、手前に伸びているのが男坂。女坂はなだらかだが距離が長く、男坂は坂は急だが距離は短いのでどちらも同じくらいの時間で歩ける。女坂のメリットは登りやすい、男坂のメリットは女坂をバックに写真を撮れることと登る人が少ない、女坂は上の方になるともう動けないかもしれないねとガイドさんは言う。

Banrinochojo5

確かに下から見上げても女坂は観光客の姿で長城の床が見えないくらいだ。人を寄せ付けない孤高の長城というイメージとは程遠い現実の姿。すっかり観光地だとは勿論聞いていたのだけれど・・・。いずれにしても人が多いのは嫌なので、男坂を登ることにした。

Banrinochojo6

万里の長城を登る前は私は体力はないし上り坂が極端に苦手なので登れるかどうかとても不安だったのだが、実際にはそういった体力面よりも心理的な方が問題だった。長城を登るのは結構怖い。高いところにある割には、手摺が低い。高所恐怖症の人には無理かもしれない。

Banrinochojo3

万里の長城は一般的には秦の始皇帝がつくらせたものと言われているが、現在北京近郊に残る主要な長城の殆どは明の時代に建造・増築されたものである。モンゴルの征服王朝である元を倒した明は長城の重要性を強く感じていたからだ。長城は始皇帝が作ったとされるのは、初めに始皇帝が建造を命じたからということになろうが、この長城はもとは春秋時代・戦国時代の諸侯国が北方騎馬民族の侵入に備えてつくったものである。始皇帝はその切れ切れの土塁を繋ぎ合わせて、北と西の国境沿いに長い防壁を完成させた。中国において「城」と言う漢字は城壁と城壁に囲まれた都市の両方を意味する。そもそも中国の城塞都市というのは外的から守る為につくられたのではなく、都市と田野を分離するという統治上の理由からつくられたものなのだそうだ。始皇帝は長城を作ることで、世界で唯一文化を持つ中国と「化外の民」である周辺の異民族を分離したのだった。それはつまり中華思想を反映した行政機構をつくったということであり、万里の長城は物理的な防壁であるとともに概念であるのだ。始皇帝は、単に「企画した」というのではなく「概念を作った」人物なのである。

Banrinochojo1_2

余談だが、この八達嶺長城から車で5分くらいのところに長城脚下的公社というデザイナーズホテルがあり、森の中に12名の有名な建築家が設計したがヴィラが点在している。吉永さゆりの出演するテレビCMで使われた隈研吾の設計した「竹屋」もこのヴィラの一つである。できれば少しでも見られないかと思い、ガイドさんに交渉して寄ってもらったが、やはり中を見ることはできず外観を見るだけでも120元を要求された。はっきり言って、外観だけなら断らなくても第二期工事中の竹屋がそこに見えてるんだけど・・・?なんとなく納得いかないフロントの対応に首を傾げつつも、こっそり工事中の竹屋の外観を見て帰った私だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月22日 (月)

北京国際空港

Pekinkuko2

08年2月オープンの北京国際空港新ターミナル。私の大好きな建築家ノーマン・フォスターの作品であるこの空港は延べ130万㎡を誇る世界最大規模の空港だ。第三ターミナルのコンコースの長さおおよそ3キロ。関連記事やブログを見ているとともかく広いという表現が目立つが、実際にはその3キロは乗り物に乗って移動するので、あまり広いと言う実感は湧かなかった(私だけかも?)。

Pekinkuko3

この空港は上から見るとYの字になっており機能的に空間が利用できるように配慮されているらしいが、そういうことは私にはよくわからない。全体的なイメージはドラゴンなのだとか。他にも赤・オレンジ・黄色といった色彩や円柱等に中国らしい表現が見られる。

Pekinkuko4

何処に赤やオレンジが使われているかと言うと、天井のルーバーの向こうににおくゆかしく使われている。

Pekinkuko6

シルクの糸を張り巡らしたようなこの質感。美しすぎる!

Pekinkuko5

1枚上の写真の光って見える部分はライトではなく、実はこの三角形の天窓から降ってくる光である。よく見ると微妙に三角形なのがわかる。この三角はドラゴンの鱗を表わしているのだ。

飛行機を降りてこのスタイリッシュな空間に驚きつつイミグレーションへと歩いて行くと、ここでもう一度驚かされる。イミグレーションは普通壁に囲まれた閉ざされた場所と言うイメージがあるが、ここのイミグレーションは個々のボックスの向こうに壁がなく、後ろのガラス窓からスコーンと外の風景が見えるのである。あまりの開かれた空間に唖然としてしまう。北京に着いたとはいえまだ入国もしていないのに、こんなに楽しくていいんだろうか・・・。

Pekinkuko1

余談ながら、北京にはこんな飛行機で到着。可愛いー。でも飛行にこんなペイントするのは日本だけじゃないだろうか?でもいいか、可愛いし・・・。

最後に、北京国際空港の免税店は割りに充実。ブランドのショップは小さいし数も少ないしあまり意味はないが、化粧品は結構いいかも。日本で完売した人気商品がこちらではまだ残っているようだった。価格も関空と殆ど変わらなかったし結構使えるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

国家大劇院

Kokkadaigekiinn1

人口湖にぽっかりと浮かんだチタン製のドーム、ちょっとワクワクするような近未来的シチュエーション。何かを思い出すような・・・?そうだ、「なにわ海の時空館」だ。と思って調べたら、やはり設計は同じ建築家フランスのポール・アンドルーだった。2007年にオープンしたオペラ劇場、音楽ホール、演劇院等を含む大型劇場である。建物の半分以上は水面下に沈めてあるのだそうだ。演劇鑑賞以外の一般公開は行なわれていないので、中を見ることはできなかった。とても残念・・・。この建物、その形から「エッグ」と呼ばれている。水に沈んだ地下の部分も、安藤忠雄のアーバンエッグのイメージで卵形になっていたら面白いのだけど。両端の盛り上がって行く部分が客席で。実際はどうなっているのだろうか。また北京に行くことがあったら、演劇もオペラもわからないけれどチケットを取ってみようかな・・・。

ちなみに、ポール・アンドルーによると「エッグ」は再生のシンボルなのだそうだ。オリンピックを機に生まれ変わろうとしている北京にぴったりな建築だと思った。

Kokkadaigekiinn2

写真ではわかりにくいが、中央の暗い部分が入口へと続く階段。建物へは地下から入るのだ。

Kokkadaigekiinn3

正面から見るとちょっとのっぺりした感じが・・・。

ポール・アンドルーと言う建築家のことは殆ど知らなかったのだが、パリのシャルル・ド・ゴール空港と上海浦東国際空港を設計した人だった。この二つの空港はかなりカッコイイデザインでとても気に入っている空港だ。ド・ゴール空港と浦東国際空港が同じ建築家であることはシャルル・ド・ゴール空港の屋根崩落事故のときに「浦東国際空港は大丈夫か」と話題になったので何となくは知っていたのだが。ちなみに、浦東国際空港の構造設計責任者は、この二つの空港は構造が全く違うし、構造計算はアンドルー氏が行なったものではないので大丈夫と言う感じのミモフタもないようなコメントを出していた。 ヒドイ・・・。

Kokkadaigekiinn4

少しだけ中が透けて見える。この二つの輪のようなものは何?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年9月17日 (水)

国家体育場(鳥の巣)

Kokkataiikujo1

9月の連休を利用してパラリンピック開催中の北京へ行くことにした。パラリンピックを観にいった訳ではなく単に休みがとりやすかっただけのことなのだが、せっかくなので話題の鳥の巣だけでも見に行くことにした。2008年北京オリンピックのために建てられたこの競技場は、正式名称を国家体育場といい、陸上競技とサッカーの試合が行なわれた。開会式や閉会式がここで行なわれたのは言うまでもない。場所は北京中心部の北、オリンピック公園にあり、周囲にはメインプールや奥体中心体育館等様々な施設が建っている。設計は青山のプラダで日本でも御馴染みのヘルツォーク&ド・ムーロン、スイス人建築家ユニットだ。曰く「呼吸しているような、人を迎え入れる空間を表現した」とのこと。

Kokkataiikujo2

ライトアップされるとさらに中が透けて見えてカッコイイ。ヘルツォーク&ド・ムーロン案は国際コンペと市民投票によって選ばれたが、特に市民投票で圧倒的人気だったらしい。

Kokkataiikujo3

薄暮の中の鳥の巣。どんな構造になっているのか見ただけではわからないが、簡単に言うと器の上にザルを被せたようなものらしい。ちなみにこの建築は米タイムズ誌による「世界10大奇跡の建築」に選ばれている。中国からは他にレム・コールハースのCCTVタワーとスティーブン・ホールの当代MOMAが選ばれている。10のうち3つが北京からの選出とは、北京がスゴイのかオリンピックがスゴイのか・・・。

Kokkataiikujo4

真ん中の赤い光は実は聖火。ナマ聖火初めて見たとちょっと嬉しくなる単純な私だった・・・。

Kokkataiikujo5

右端に鳥の巣、左の青とピンクのライトは国家遊泳中心(メインプール)

さて、北京はオリンピックグッズが様々なところで販売されている。鳥の巣のミニチュアも売られていると聞いていたのだが、もう売りつくされてしまったようで殆ど見かけなかった。25万円の金製のものはあったけれど、さすがに買えもしなければ欲しくもない。ちなみに最高額は70万円位の純金製のものだったのだそうだ。3000個限定のその模型は即完売だとか。人間って本当に限定品に弱いんだからとちょっと感心してしまった。日本人には何故そのようなものを金で作るのか理解しにくいが、おそらく中国では普通の発想なのだろうと思う。中国を旅行していると金の置物を販売している店を本当によく見かける。香港然り、上海然り。ショウウィンドウにはこんなものまでと思うような金の像が並んでいて割りに楽しい。なんでも、財産の保全のために金に換える人が多いからなのだそうだ(確かそう聞いたと思う)。私が見た25万の鳥の巣もそういったものの一つなのだろうか。財産に縁のない私としては、もっと安価な鳥の巣もたくさん作っておいて欲しかった・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (1)